2020年国勢調査|インターネットで回答してみた

本日調査員が国勢調査票を持ってきた。マークシート(OMR)方式とインターネット方式があるので、今回はインターネットで回答してみました。

以前と違う調査票の提出方法

国勢調査票表

封筒おもてには<国勢調査には回答の義務があります>とゴリ押し感満載でインターネット回答推しである事が分かる。

国勢調査票裏

問題は裏。
バツと打ち消し線があると思ったら

回収方法

回答済み調査票を調査員が受け取る項目が消されている。たしか調査員が調査票を盗み見る事も可能なので、個人情報の観点から問題になったんだよなぁ~。なので今回の調査票は自治体によって違うかもしれませんが、田中の地域は郵送かインターネットの二択です。ちなみにインターネット回答は本日9月14日から10月7日まで、郵送の受付は10月1日から10月7日迄です。

調査員に調査票を提出しないのは理由があった

コロナ対策

個人情報保護の問題かと思ったら、新型コロナウイルス感染防止の対策が理由らしい。ちなみにQRコードが使えるのでスマホでも回答できるのだろう。

マークシート回答はA4サイズ1枚

マークシート回答用紙

解答欄はA4サイズ1枚で表裏記述。回答項目は多くないけど記入の仕方が記載されている冊子が同封されていました。

インターネット回答はログインIDとアクセスキーが必要

国勢調査オンラインホーム

国勢調査オンラインで検索しホーム画面にアクセス。

ログインID

ログインIDとアクセスキーは

インターネット回答利用カード

インターネット回答利用ガイドに記載されています。

問いに対して回答するだけ

解答欄

あとは問いに対して回答するだけ。細かい解説は画面右で確認できますし特に難しい項目はありません。

回答内容を確認後パスワードを設定し送信

回答終了画面

最後に設定するパスワードは回答内容の修正に必要なのでログインID、アクセスキーと共に10月30日まで保管するように記載されていた。ちなみに修正期限は10月7日までです。回答内容は印刷する事が出来ますよ。

まとめ:オンライン回答は拍子抜けするぐらい簡単

休憩の合間に回答できる内容なので忙しい人はオンライン回答を活用しよう!ちなみに平成27年度の回答率は49%だったそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました