スポンサーリンク

インクジェットの詰まりを直す|EPSON PX-M5081F

インク切れから数年放置

給紙スキャン時に黒線が入る理由だけで廃棄される事になったこの複合機を貰って数年になる。2年足らずの運用だったので綺麗だし田中は給紙スキャンもFAXも使わないので元々抱えている不具合は問題なかった。ただ持ち帰って間もなくマゼンタインクが無くなったのでしばらくは”ちょっと邪魔になるお部屋のインテリア”に成り下がる。

数年ぶりに再始動

純正は恐ろしく高いので互換品を購入。基本は請求書の印刷なのでクオリティーは下がってもコスト重視。

長州小力久々に見たわ。元気そうでなりよりです。

1年保証が付いてるがこの保証を使うのはどんな時なんだろうか?例えばインクが出ないトラブルになっても「おま環でしょ?」って言われたらそれまでだもんな。

交換が必要なのはマゼンタだけだったのですが1本だけ購入するのはコスパが悪いので4色2セット購入。Yahoo!ショッピングでクーポンを使ったので割安で購入出来ました。

想像していた未来を超える事態が現実に

純正の中に互換マゼンタを混載。

まあ認識はするんですよ。ただ数年使ってなかったらインク詰まりがあるのは当たり前。場合によっちゃ年賀状しか刷らない人はインク詰まりの解消が年末の恒例行事になりますからね。

ただ想定外だったのは

全色出ないってありえんわ。今までの経験で全色出ないのは初めてですよ奥さん!

レッツ!ヘッドクリーニング

インクタンク式のクリーニングキットもあるけど、あれはあんまり信用してない。がっつり固まったヘッドにインクが自重で落下開通するとも思えん。自重で落下するのはマック堺のマガジンだけ。

とにかく安いのが欲しかったので高い商品と何が違うのかと思ったらクリーニング液が少ないんだな。これは水垢クリーナーとか無水エタノールを流用する勇者が多いので量は気にしてない。本丸は注射器とチューブなんです。

簡素な説明書。注射器に2mgクリーニング液を吸い上げ

プリンターヘッドのインク投入口にチューブをセットしクリーニング液を入れたり出したりを数回行う。初めのクリーニング液押し込みで結構な抵抗があったのでしっかりとインクが固着していたのだろう。

当然プリンターヘッドから洗浄液が漏れだすのでキッチンペーパーを事前にヘッド下に滑り込ませておくのがポイント。

ほぼインクの色が無くなるまで数回同じ作業を繰り返す。

全色クリーニングして30分ほど放置後、インクをセットし印刷してみたら

話ちゃいますやん!(誰とも話してないけど)この後数回ヘッドクリーニングをするも改善せず。

問題の考察

洗浄液は開通しているのにインクが出ないのはプリンターかプリンターヘッドが故障しているか洗浄のやり方が間違っているかどれかである。故障しているかどうかを調べる方法は現状持ち合わせていないので今出来る事は洗浄方法の考察だけです。

ピストンを押し引きして洗浄液をヘッドに循環させクリーニングするのですが吸い上げるときに結構泡が出るんですよ。まあそりゃ当たり前ですよね。ピストンを押し込む時にはシリンダーに洗浄液がはいっているけど吸い上げる時はヘッドから空気が入る。

たとえば手押しポンプ。地下にいくら水があっても使用時に上から水を入れないといくらポンピングしても水が出ないんですよ。ポンプ上部から地下水まで完全に水で満たされていないとポンプの役目を果たさない。プリンターヘッドは上からインクが落ちてくる訳で手押しポンプの理屈を当てはめるのは強引かと思われるかもしれませんがインクの流れる通路にエアが噛んでいたらいつまで経ってもインクが落ちてこないんじゃなかろうか?インクの通り道はヘッドに向かい末端部では0.01mm。この間にエア噛みがあれば問題になりそうな気がするぞ。

プリンターヘッドのエア抜き

エア抜きといっても大したことはしない。もうヘッドはクリーニングできているのでプリンターヘッド下にキッチンタオルを畳んで敷き、注射器でどんどん水を送り込むだけです。ただ水だけ投入したいので注射器先端のホース内も水で満たしプリンターヘッドへの接続も注意しエアが噛まないよう行うこと。あとマメに水に濡れたキッチンタオルを交換しましょう。

エア抜きした結果

大成功!印字できていない場所も多分ほとんどが水だろう。試しにカラーだけクリーニングしてみると

想像通りエア噛みが原因だったのかもしれない。今までインク詰まりで結構な台数のプリンターをリプレースしてきたけど、この方法で何割かは直ったのかもしれんなぁ~

もう一回全色クリーニングした。所々印刷が欠けているがここで一旦様子を見ることにした。クリーニングする度にインクタンクに付いているチップのカウンターが上がっていくのでインクがもったいないし田中のメインは請求書の印刷で写真画質は求めていない。そのうち全部開通するかもしれないし、次回インクを交換するときにタンクを温めてセットすればこの程度なら直る気がする。

まとめ

人には全くオススメできない方法ですがサービスを呼ぶお金を掛けたくないとか直らなかったら捨てるぐらいの考えであればやってみてもいいかもしれません。無論プリンターがぶっ壊れても田中は責任を持ちませんので自己責任でお願いします。

今回使った商品

今後進展や問題があれば追記します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました