スポンサーリンク

シャワーの出ないトイレを修理|事前準備編 INAX CW-EA11QC

ある日突然シャワーが出なくなる

前日まで快調に作動していたシャワーが出なくなった。シャワーアームが出る前に水で洗浄してからアームが伸びるのが正常なんですが、洗浄はするもののアームが伸びずに作動が止まってしまう。作動が止まると電源ランプが12回点滅。アイシテルのサインでは無いようだ。

INAXは保証が5年

INAXに登録したら保証が5年に延びるロングラン保障に加入していたのでホクホクしながら購入日を調べたら6年経過。まあ、こんなもんでしょう。ちなみに最近は保証期間が短縮されたようだ。

既に該当モデルは生産終了

下位モデルとはいえ結構良い値段するんやな。もう廃盤になってるし部品供給すら怪しい。ちなみにこれの前に使っていたトイレはシャワー駆動部分が便器に内蔵されているモデルで部品がないからサービスに買い替えを勧められた経緯がある。内部部品は消耗する訳で便座に各種装置が内蔵されている便座は買わない方がいい。部品があっても恐ろしく高いケースがあるので便座交換で完結するモデルをお勧めします。

故障原因を調査

ネットサーフィン(死語)で同様のトラブルが無いか調べたら似たようなケースはあるけどシャワートイレ本体を外さないと部品にアクセス出来ない。便座を外すとその間トイレを使えないし仮設の便座を付けるにしても構造的に困った個所を見つけた

止水栓を止めるとタンクへの供給が止まる

赤丸が止水栓。これを閉めないとシャワートイレ本体を外せないけどタンクへの水供給も止まってしまう。これでは修理の間バケツに水を汲んで流すしか方法が無くなるけど高齢の家族にそれをやれとはいえない。

 

使えそうな商品を発見

配管部品を調査して見つけたこの分岐栓。

給水側から分岐してタンクとシャワーに振り分けられる。そして

写真上の小さなつまみがシャワー止水栓で右側がシャワー&タンクの止水栓だろうと考察した。ただ飽くまで想像なのでそうじゃない可能性もある。メーカーに聞いてみたらいいのだが見つけたのがあいにく休日で問い合わせしても回答は月曜日以降だろう。痔の悩みがある人はわかるだろうけどシャワートイレがない日々は地獄なのです。一日も早く直したい。なので見切り発車で買った。

取付に必要なのはスパナとマイナスドライバーだけ

元栓を閉めスパナで元々ついていた分岐(右側)を外した。購入した分岐栓にはパッキンもセットされている。

まずタンクへのホースを装着。ロッククリップは再使用した。

恐る恐る開栓

元栓に装着し開栓。そして分岐栓のタンク&シャワートイレ用と思われる栓をマイナスドライバーでゆっくりと緩めてみた。左側のシャワートイレ用と思われるつまみは閉栓してます。次にタンクの水を流してみたら勢いよくタンクに給水を始めたので田中の考察は正しかったようだ。

シャワートイレの取り外しは簡単。ロックを外しスライドして持ち上げるだけ。

便座も買った!ただしTOTO

修理の間の暫定便座としてTOTOの便座も買った。何故INAXじゃないのかって?それは安かったからです!多分パッケージからして便器セットに入っていたバラシ品だろう。そんなことはどうでもいい。安いが正義。


思ったけど付属品を見てやらかして、しでかした事に気が付いた。

特殊なナット形状にすんなよ!

INAXのナットとチャウチャウちゃうんちゃうん!調べたらどちらにも使える特殊工具が売ってるのですが、そんなん買うんだったらINAXの便座を買っときゃ良かったじゃないですか!奥さん!!

INAXのナットは汎用のBOXで回せるのです。TOTOの特殊ナットをプライヤーで回す勇者もいるらしいのですがそんなんしたくないしなぁ~

でもよく考えたらINAXのナットを外してTOTOにINAXのナットが使えるかもしれん。早速試そうと思ったら便器の形が微妙でロングソケットが便器に当たってナットに入らないやないですか!

まあ修理完了までの数日だけなのでテープで留めた。いささか強引な気もするがこれでようやくシャワートイレの分解修理が可能になりました。

原因究明編につづく

後日特殊工具を買った

既に修理が終わった後の話になるのですがINAX(LIXIL)とTOTOに使える特殊工具を後日買いました。シャワートイレを分解掃除するときに使ってます。

中身はプラのレンチとアダプター

アダプターはナットのサイズ変更に使用するっぽい。アダプターはリバーシブルになっており13・14・18mmに対応。

そしてTOTOの特殊ナットも

使えます。

今回買った商品

新型New PASSO

コメント

タイトルとURLをコピーしました