LIXILシャワートイレのリモコン修理|勝手に電源オンオフになる原因判明

昨日の続き
LIXILシャワートイレのリモコンが勝手にオンオフを繰り返すようになったのは、電池の液漏れによる端子腐食と基板の不具合が考えられます。リモコンから基盤を取り外し確認する事にしました。

リモコン本体から基盤を外す

基板取り外し

リモコン本体から基盤の取り外し。ネジと爪で取り付けられているので取り外しの難易度は高くない。

漏れた電解液の跡

想像以上に漏れた電解液が回っている様子。

電源スイッチを確認

基板の電源スイッチ

矢印先が電源スイッチ。端子にテスターを当ててボタンを押すと導通するのだが、軽く触れるだけでも導通する。他のスイッチはそこまで敏感では無いので、どうも電源スイッチ内部に漏れた電解液が入り込んでしまったらしい。それが気温の変化などでチャタリングし電源のオンオフが起きているのではないかと推測。

はんだシュッ太郎

はんだシュッ太郎

電池端子と表面実装のスイッチをはんだシュッ太郎で取り外す。しかし何故はんだシュッ太郎って名前なんだろう?はんだ吸っ太郎じゃダメだったのだろうか?コイツを使うときは何時もモンモンとする。

取り外した電池端子とスイッチ

取り外した各部品。どちらも腐食が凄い。特にスイッチの方は分解すると酸っぱい匂いがした。

表面実装タクトスイッチ

表面実装用タクトスイッチ

互換スイッチが無いかと探したら秋月電子通商に使えそうなタクトスイッチを発見!ただ購入には送料も掛かって安くない買い物になるので注文は一旦保留。

仮のスイッチを取り付け

カプトンテープ

まずカプトンテープと

仮の電源配線

適当なケーブルを用意。電源ボタンのラインに、はんだでケーブルを溶着しテープで養生。電池端子も丁寧に洗浄して取り付けた。

基板の組み込み

基盤をケースに組み込む。電源基板からのケーブルはリモコンを組み上げた後でも引き出せるよう、電池ケース脇に収めた。

仮の電源スイッチ

電源のオンオフはケーブルの先を軽く接触させるだけ。非常に簡易的な構造ですが元々のタクトスイッチが原因なら、もう不具合は出ないはずです。これでしばらく運用して問題無ければ部品を手配する段取りになります。

まとめ:部品の注文は原因を確かめてから

原因が複数あると再度部品注文で送料が掛かるので、出来るだけ代替修理で対応し原因を確かめてから部品注文しましょう。今回はその後不具合が出なくなったのでスイッチが原因だと分かりました。ただ電源をオフにするような状況も特になく最悪電池を抜いたらリモコンは沈黙するのでスイッチの購入はせず、このまま使う事にしました。今回の修理代は0円。

あとがき

今回使ったアイテム

サンハヤト はんだシュッ太郎NEO 45Wタイプ HSK-300
サンハヤト はんだシュッ太郎NEO 45Wタイプ HSK-300がハンダゴテパーツストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
ELEGOO 高温テープ 4パック ポリイミド高温テープ マルチサイジングバリュー 接着剤
ELEGOO 高温テープ 4パック ポリイミド高温テープ マルチサイジングバリュー 接着剤が絶縁テープストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

はんだシュッ太郎は部品抜き取りに必ず出動するエースとして活躍中。カプトンテープも太さの違う物がワンセットになった商品が使いやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました