スポンサーリンク

大人が始めるペーパークラフト|道具を100均で揃えてみた

ブログネタに困って初めてみたペーパークラフト。だがやってみると、想像以上に面白い。素組みガンプラで甘やかされてきたオジサン達に特にオススメしたい。今回は100均で揃えられる道具を紹介します。

ハサミ

ハサミ

これが無いと始まらない。100均では色んな種類のハサミが売っているのですが、写真の様な握りの部分がプラのヤツは経年劣化で割れてくる可能性が高いので基本骨格が全部金属の商品をオススメします。田中のハサミも握りの部分が割れたのですが修理しながら使ってます。

デザインカッターと替え刃

デザインカッター

下の黒い柄が100均商品で黄色い柄がオルファ。100均製で特に問題はありません。歯のリーチが短いオルファの方が細かい作業向きですが、手始めは100均製で問題無いでしょう。替え刃も一緒に購入してください。切れ味が悪くなったら即交換で。

カッターマット

カッターマット

田中が通ってる100均にはサイズがB5、A4、A3の三種類あり、小さい方から100~300円。田中はA4が100円の時に買いましたが現在200円。印刷したモノを部品毎にハサミで切ってからデザインカッターで切るのでサイズの小さいB5でも使えなくはありません。でもオススメはA4以上。作業スペースは大きいに越したことはありません。

ステンレス定規

直線を真っ直ぐ切るのに必要です。作るサイズにもよるのですが小ぶりのサイズが取り回しに便利な気がします。田中は20cmを買いましたがワンサイズ小さい15cmを追加で購入予定。

ピンセット

  • 細かい部品を取る
  • 細かい部品を挟んで接着
  • 挟んで部品を折る

など多目的に使えます。田中のピンセットは時計修理工具セットに付いてきたモノをそのまま使っていますが新規で買う人は摘まむ部分のサイドが直線になってる商品を買いましょう。小さい部品を挟んで折る時に便利です。また挟む内側が滑り止め加工さていないフラットなピンセットにしてください。

接着剤

木工用ボンドとスティックのり。速乾性の高いのはスティックのりですが貼ってから微調整がほぼ出来ません。位置決めまでの融通を効かせたいなら木工用ボンド。竹串はボンドを細かい部分に塗る時に便利。

手袋

写真はペンタブ用グローブですが専用品を買う必要はナッシング。100均で売ってる白手袋の親指から中指の第二関節までを切ればOK。手汗で印刷が滲んだり汚したりするのを防止します。

アルコールお手拭きシート

接着剤が付いた手でパーツを触りまくったら部品が汚れて完成度が落ちます。手汗もかくのでマメに手を拭いてください。ただわざわざ買わなくても濡れタオルで代用できます。

メガネ

中高年に必要な老眼鏡。ですがペーパークラフトにはルーペ(拡大鏡)をオススメします。どちらも100均で入手可能。

コロコロクリーナー

紙屑を一気に駆逐する凄いヤツ。もう説明の必要はございません。

まとめ:お金が掛からない趣味としては最適

パソコンとプリンターとインターネット接続環境があればペーパークラフト専用紙とインク代で済むのでコストパフォーマンスは抜群。100均コピー用紙でも出来なくはないのですが強度が無く接着剤の水分でヘニャりやすいので

あらゆる所が波打っちゃう。ですが柔軟性が必要な部分は薄い紙の方がいいのかもしれません。現在試行錯誤中。初めはどうしても失敗するのですが途中で辞めて一から作り直すより失敗部分を残したまま全部完成させる方がいいかもしれません。完成までに課題が複数出てくるので2回目の製作ノウハウを収集する方が有益と考えます。

あとがき

2作目のホンダスーパーカブが出来上がりました!

レッグシールドの造形が素晴らしいですね。ハンドル部分の製作難易度高め。ホンダサイトで無料ダウンロード出来ます。貴方もレッツチャレンジ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました