中古バイクの個人売買ってどうよ?|フリマサイトやヤフオク!って安全?

田中がヤフオクでバイクを購入したエピソードを紹介します。手に入れたのは2stジャイロキャノピー。業務用で使われるバイクなので出品数はそこそこ有りましたが落札購入まで半年以上掛かりました。その訳は・・・・

出品サイトから希望の車種を選ぶ時の注意点

希望の車種と年式などの基本情報は出品内容で把握出来ますし記載されていなかったら質問で聞きましょう。凡その内容が記載されていたとしても何か一つだけでも質問した方がいいです。経験上質問に返信しない出品者は何かとトラブルになる傾向が多いので、ここでまず取捨選択が出来ます。

ただ出品内容を見れば書いている事を質問したり、的を得ない質問をすると貴方が出品者から入札して欲しくない人としてワザと質問に答えてくれなかったり入札をブロックされる可能性があるので注意してください。

出品写真を鵜呑みにしない

出品サイトには、どんな汚いバイクも綺麗に見せる匠がいます。色褪せたバイクに水をぶっ掛けて撮影し光沢が有る様に見せたり、中には画像編集ソフトを駆使して肉眼で見るバイクとは別物に仕上げたり意図的に不具合のある場所を撮影しない出品者も少なくはありません。参考程度に留めておくべきです。

出品地域は貴方の自宅から遠くない場所を選ぶ

出品者は高く売りたいし貴方は安く買いたい。この気持ちがある以上、貴方がいくら質問しても不具合や問題点を率先して報告する出品者はまず居ません。自分の目で確かめる事が非常に重要です。ただ現車確認に応じてくれる出品者ばかりではないので良いバイクを手に入れようと思えばそれなりの時間は掛かります。田中は落札するまで10台ほど現車確認しましたが一目見ただけで直ぐ帰りたくなるぐらい状態の良くないバイクも数台ありました。基本的に白いバイクは写真では綺麗に見える傾向にあります(傷が白飛びするので)

中古バイクのチェックポイント

中古バイク購入についての注意点|走行距離は重要なのか?購入の目安

上記リンク先に詳しく記載しています。

入札上限額を事前に決めておく

貴方の希望に叶ったバイクが見つかっても、それで終わりではありません。良いバイクにはそれなりのライバルが居ます。田中の経験上良いと思ったバイクは出品終了10分を切った辺りから続々と入札が入り、あっと言う間に入札額が上がっていきます。入札前に限度額は決めておいてください。あまり熱くなり過ぎると高い買い物になりかねません。

良いバイクを手に入れるチャンスはそう多くない

貴方が入札競争に敗れた場合、また次のバイクを選定する事になります。でも良いバイクって中々出てこないモノなんです。貴方はその時こう思うはずです。

逃した獲物はデカかった

ですがこの思想が冷静さを失って次の入札で熱くなり高掴みしてしまう原因になります。常に冷静さは保ち続けて下さい。

直接交渉は良い結果を生まない

入札競争を避けるなら現車確認時に直接交渉すればいいと考える方も居るとは思いますが、まず上手く行きません。出品者が余程売り急いでるとかであれば安く買える可能性がありますが、逆に考えてみてください。貴方が出品者の立場なら入札で高く売れる可能性のあるバイクを直接交渉で売りたくなるのは相場より明らかに高い金額を提示された時ですよね。そして入札する立場になってみれば少しでも安く買いたい。だから直接交渉を持ち掛ける。利害が一致しないのに交渉がうまく行くはずもありません。不信を買えば入札をブロックされる可能性もあります。どうしても直接交渉したければ、やんわりと聞いてみて当たりが悪そうなら即引いてください。

無事落札出来たら

基本落札側の先入金からのち、引き取りや配送になると思いますが直接引き取りの場合、車両引き取り時に現金支払いが可能か交渉してみて下さい。取引としては後者が安全です。出品者が領収書を持っていない場合があるので貴方側でも用意しておくとスムーズに取引が行えます。落札額によっては収入印紙が必要です。これも出品者側が本来用意する物ですが田中は念のため領収書と一緒に持参しました。

まとめ:余裕を持った計画を立てる

急いでいたり直ぐ欲しいと思ったらバイク屋も検討してください。個人売買はお互いが大体素人なので思い違いやトラブルはバイク屋で買うより当然多くなります。田中の感覚では個人売買で良いバイクが安く手に入れられるチャンスはやはりそう多く無いと思います。中古バイクを手に入れる方法の一つとして参考にしていただけたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました