電気シェーバーのメンテナンス|シェーバーオイルとクリーナーの互換品

今日は10年使ったパナソニックラムダッシュのメンテナンス方法を紹介します。純正オイルとクリーニング液を使わないリーズナブルメンテ。

バッテリーが無くなっても使える充交両用

パナソニックラムダッシュ

これを買う前は無接点充電の3万ぐらいするラムダッシュを使っていましたが、バッテリーの充電容量が無くなったら再充電が完了するまで使えなくなる。

交流充電両用

そこで充交両用のこいつを手に入れた。10年経ってバッテリーはほとんど充電出来なくなったけど、まだ現役ですし今まで内刃外刃の交換をしたことがありません。

長持ちの秘訣はメンテナンス

内刃と外刃

メーカーでメンテナンスキットが販売されていますがシェーバークリーニング&オイルは容量に対して値段が高すぎ。

付属品のシェーバーオイル

これは付属品のシェーバーオイル。中身は詰め替えて容器だけ使ってます。純正オイルは高いので購入当初から買う気は無かったのですが付属品容器に成分が書いて無かったので

純正オイル

1本だけ純正品を買った。

シェーバーオイルの成分

主成分は流動パラフィン。

シェーバーオイルの互換品を購入

流石にこれだけの容量になると死ぬまで使いきれないので当時4人で分けた。純正と比べると驚きの安さ。

シェーバークリーナーの互換品はお馴染みのアレ

10年間使い続けてますけど何の問題もありません。内刃外刃を外しスプレーして濯ぐだけでピカピカ。

互換オイルも無くなったので他を探す

なんやかんやで互換品の流動パラフィンも10年で無くなってしまった。流石にまたあれだけの容量を買っても余らせるだけなので

100均のアロマオイル

100均のアロマオイルを試してみた。若干粘度が弱いけど使えなくはない。シェーバーアロマオイルって商品も売ってるぐらいなので多分大丈夫だろう。使用後にお肌がしっとりする感じは良いし、しかも税抜き100円である。粘度は流動パラフィンを少し混ぜたらイイ感じになるかもしれない。

まとめ:洗浄とオイルメンテは小まめにしよう

あれだけの往復運動をすればオイルが無いと刃が結構加熱するし、結果消耗度も上がるだろう。今までオイルを注したことが無い人は是非試してほしい。(アロマオイルは実績が無いので心配な人は純正品をオススメします)

コメント

タイトルとURLをコピーしました